私生活も仕事も大事にできる介護施設の仕事

看護師にはさまざまな活躍の場がありますが、その1つが介護施設です。介護施設は全国各地に存在し、高齢化社会の加速によって今も増え続けています。そのため、介護士のみならず、利用者の健康管理を任せられる看護師の採用も積極的に行っています。
介護施設での看護師の仕事はバイタルチェックや衛生管理、体調不良を起こした利用者の処置などが中心であり、病院に比べると残業が少ないのが特徴です。また、時間や曜日を限定して働けたり、日勤のみの求人も多く、プライベートや育児、家庭と両立したい人にとっては働きやすくなっています。ただし、高度な看護スキルが求められないため、仕事はマンネリ化してしまう可能性や、給与が下がってしまうことはあるかもしれません。ですから、「キャリアアップを目指したい」「高給与がほしい」という人には向いていないでしょう。
ちなみに介護施設の求人は、ハローワークや求人サイトなど、いろんなところで見つけられますが、効率よく条件の良い求人を探すなら看護師に特化した転職エージェントがおすすめです。検索機能を使えば希望するエリアや条件に沿った求人が簡単に見つけられますし、会員登録をしてキャリアアドバイザーのカウンセリングを受ければ、仕事の紹介もしてもらえます。また、面接の日程調整や応募書類の添削などもしてもらえるので、今の職場で働きながらでも無理なく転職活動を行うことができるでしょう。看護師向けの転職エージェントは何社もあるので、まずは2~3社を選んで、登録だけでもしてみてはどうでしょう。

ワークライフバランス重視での転職

ワークライフバランスに対する意識が高まっている影響で、看護師の間でもそれを重視して転職する事例が多くなりました。今のままでは働き続けるのが辛いというほどに苦労している人もしばしばいますが、転職によって仕事もプライベートも充実するようになっているのです。
転職先に求める待遇として多いのが夜勤や残業に関するもので、夜勤がない職場を選んだり、残業時間が短いことを重視したりしているのが典型的になっています。
また、休日を定期的に取れるようにしたいという考え方で転職している例も少なくありません。土曜日と日曜日、祝日が休日になっている職場は特に人気が高いです。休日については定期的に取れるよりも日数を優先したいと考える人もいて、年間休日数の多さに着目していることもあります。
一方、これから育児をする人の場合はワークライフバランスを保つには育児支援が必要と考え、短時間勤務が可能な職場を選ぶというのもよくあるパターンです。それが難しい場合、非常勤で働くという選択肢を選ぶ人もいます。
このようなさまざまな待遇を与えている職場が多くなり、求人も豊富にあるので自分のライフスタイルに合わせて転職先を選ぶことが可能です。看護師はしばしば仕事に追われますが、転職の際に改めて待遇を見直すとワークライフバランスを重視するのは難しくありません。同じ職場にいてもなかなか改善されないので、転職をして別の職場で働くことを検討するのは重要なのです。