仕事を中心に考える看護師

 看護師にとって若いうちに多くの経験を積み、スキルや知識を習得することは重要です。将来のキャリアを考えると十分に体力も気力もあって、時間的にも余裕がある若いうちに仕事に集中したいと考える傾向があります。
 キャリアアップを目指すには、新人としてベテランの看護師にいろいろなものを教われるうちに努力するのは大切ですが、長期的に働き続けることも考えて仕事との付き合い方を考えるのも重要です。ほとんどの時間を仕事に費やしていくよりも、プライベートも大切にしてワークライフバランスを整えた方がいいでしょう。
 ワークライフバランスを充実させると、仕事に前向きに取り組む姿勢を維持しやすくなります。仕事ばかりをしているとストレスを抱えてしまいやすく、それに抵抗できるほどのモチベーションと精神力を維持できなくなると、生活そのものが辛くなってしまうことがあるので気をつけなければなりません。家庭でのプライベートを大切にしていると、心身の健康を維持しやすくなり、ストレスに対する抵抗力も高めることができます。また、プライベートを楽しむために仕事を頑張ろうといった視点も持てるようになるため、モチベーションを見失わずに前向きに働ける環境が整うのです。
 仕事に費やせる時間をある程度は確保しないと、キャリアを構築していくのは難しいでしょう。しかし、仕事だけの生活になってしまわないように心がけるのが、いつまでも看護師として活躍していくために必要なのです。