日勤と夜勤のそれぞれの特徴

 看護師の勤務スタイルの中でも、代表的なものとして挙げられているのが日勤と夜勤です。
 日勤は名前の通り日中に勤務をする業務で、8時半から17時半で設定している病院が多いとされています。特徴としては、主に医療的な処置をするだけではなく、身の回りのケアやコミュニケーションによる情報収集が行われることが挙げられるでしょう。日勤帯は患者も起きて活動しているので、夜勤帯へ引き継ぐための情報収集を行っていく必要があります。そのため、バイタルチェックを中心として清潔面でのケア、食事や排せつなどのケアを行っています。
 外来の場合は日勤帯しか業務がないので、診察や検査の支援を行いながら患者の病状をチェックしていきます。病棟での日勤と違って外来の場合は、よりチームワークが重要視されているところが特徴であり、数多くの患者に対応していく体制がポイントとなっているようです。
 そして夜勤は、夜間の勤務を行う業務であり、病院によっては準夜勤務や深夜勤務など細かく分類しているところもあります。夜勤業務の特徴は、患者の眠りを安定させるところにあります。夜間帯は患者が体を休めるものなので、患者がゆっくり休めるように支援をしていく必要がありますし、夜間に何らかの急変やトラブルが起きた場合は迅速に対応しなければいけません。さらに日勤と違って夜勤は看護師の人数が少なくなるので、日中以上に看護師同士が連携して動いていくことが大切です。