看護師の勤務形態の違い

 看護師の勤務形態として、常勤の正社員として働くのは最も典型的なものですが、それ以外にも異なるスタイルで働ける選択肢があります。非常勤や契約社員、派遣社員を選ぶ人が増えてきており、求人も多いため違いを理解して自分にとってどれが最良かを考えて選ぶのが重要です。
 常勤は収入が最も高くなりやすく雇用も安定しているのが魅力ですが、勤務時間の拘束が長い傾向にあります。職場によっては勤務時間が安定しておらず、不規則な働き方をしなければなりません。仕事の内容は責任を持って取り組まなければならないものが多く、活躍できる機会が多いのが特徴です。
 非常勤になると時間の余裕を作ることができますが、収入は常勤に比べると減ってしまうことは否めません。仕事の内容はやや責任が軽いものが増えるので、安心して働けるようになるのが魅力です。
 契約社員の場合には常勤並みに収入を上げやすいですが、勤務できる期間が限定されていて雇用が安定しにくいのが問題点となります。仕事の内容についてはケースバイケースではあるものの、自分で選べるメリットがあるのが特徴です。
 派遣社員は非常勤に比べると収入が上がりやすい働き方であり、同じ職場で働き続けることはできなくても、派遣会社には雇われた状況を続けられるので雇用は安定しています。すぐに仕事に慣れて働けるようになる必要があるのが特色です。それぞれの特徴や問題点を考慮し、自分に適した勤務形態を選びましょう。