クリニック勤務を選ぶ理由

 プライベートの時間を充実させたいと考える看護師は、クリニックを職場として選ぶことがよくあります。勤務形態がプライベートと仕事を切り分けるのに適しているからです。
 病院では2交代制や3交代制になっていて仕事のリズムが乱れてしまいやすいですが、クリニックの場合には勤務時間が固定されている職場が多くなっています。営業時間が長い場合にもシフト制で比較的希望が通りやすく、無床のクリニックを選ぶと日勤のみの勤務形態になっているので、勤務時間が早朝や深夜に及ぶことはありません。
 また、診療日と休診日が定められているため、それに伴い休日も曜日が決まっているのが一般的です。日曜日と祝日は休みで、平日に休みの曜日があるといった形の週休2日制のクリニックが多く、安定して毎週必ず休日を取れるのも魅力となっています。仕事のリズムを整えられるようになるとプライベートの予定を立てやすくなり、家事や趣味などのやりたいことに定期的に取り組むことも可能です。病院は有床なので、なかなかこのような勤務形態を実現することは難しいでしょう。
 クリニックは医療業界の中でも役割が異なっていて、仕事による体力的あるいは精神的な負担の少なさも、プライベートを充実させるのに向いています。病院でキャリアを積み上げてきた看護師を重宝しているクリニックが多いため、数年間は病院で働いてから転職してクリニックで働き始めるというキャリアパスがよく選ばれているのが現状です。